メインメニュー

一般歯科

  1. トップページ
  2. 診療内容
  3. 一般歯科

虫歯や歯周病をはじめ、さまざまなお口の悩みに対して行う診療です。最初に丁寧なカウンセリングを行い、その上で患者さまの症状やご意向、生活スタイルに合わせた治療メニューをご提案します。快適な毎日を過ごしていただけるよう、幅広い専門知識、高度な技術をもって治療にあたります。

虫歯治療について

虫歯は、プラーク(歯垢)の中の細菌が作りだす酸によって歯が溶けていく病気です。治療においては、きれいに虫歯をとりきり、きちんと詰めることが基本となります。本院では、削る技術、型どりの技術、すべてにおいて医師や歯科技工士の高いスキルで治療を進めます。虫歯が進行し、神経まで進んでしまった場合は神経を取らなければなりませんが、丁寧に麻酔を行うことによって、可能な限り痛みやストレスを軽減します。

歯周病治療について

歯周病は、プラークの中の細菌によって歯肉に炎症が起き、やがて骨を溶かしていく病気です。日本では30歳以上の成人の80%がかかる生活習慣病の1つです。自覚症状があまりないため、歯茎がはれる、口臭がある、といった気になる点があれば早めにご相談ください。

当院では検査によって重症の部位、軽症の部位を明らかにし、それぞれに合った治療を行います。歯垢歯石を取り除き、プラークコントロール(歯垢の除去)のためのブラッシング指導が基本治療です。重症化している場合は、失われた骨の再生など、患者さまと相談しながら最適な治療を行います。

知覚過敏について

冷たいものが歯にしみるといった症状は、すべて虫歯が原因ではありません。トラブルの半数ほどは、神経が過敏になっている知覚過敏が原因です。本院ではまず、知覚過敏か虫歯かをしっかりと鑑別。知覚過敏の場合は、その原因を見つけ出し、最適な治療を行います。

根管治療について

根管とは、歯の根の中にある、神経や血管が通っている場所のことを指します。虫歯の悪化などによってここに細菌感染が起きたとき、歯を残すために行う治療が根管治療です。以前の処置が不十分なために膿がたまっている場合は、先端まできれいに処置します。根管の形は複雑でデリケートなため、治療に時間がかる場合があります。そのため連続して来院できる時期や治療の猶予など、患者さまと相談して進めていきます。

冷たいものを食べたときに歯にしみたり、噛むと痛みを感じるときもある。歯を削られるのが怖くて病院に行くのが億劫だったが、ようやく腰を上げた、という患者さま。

検査

歯がしみる、痛むといった症状の原因はいくつかありますが、大きく分けると、神経が過敏になっている知覚過敏と虫歯が考えられます。すべて虫歯が原因ではなく、必ずしも歯を削る必要はありません。本院ではまず精密検査をし、正しい鑑別を行います。

診断

検査の結果、知覚過敏だということがわかりました。加齢や間違ったブラッシングによって歯茎がやせてしまい、歯の根っこが露出。そのため歯の表面がしみていました。

治療

露出した歯の根っこの部分をコーティング。削ることなく治療が完了。

治療後

歯茎がやせてしまうようなブラッシングをしていないか、きめ細やかなブラッシング指導を実施。知覚過敏の原因として歯ぎしりが考えられる場合は、歯ぎしり防護用のマウスピースを提案するなど、お口の中を健康な状態に戻すためのご提案をします。

メンテナンス

3か月〜6か月に1度の定期検診を。ブラッシングがうまくできない、もう1度指導してほしいという方は、定期検診にこだわらず、気軽に来院いただけます。