メインメニュー

審美歯科

  1. トップページ
  2. 診療内容
  3. 審美歯科

歯の黄ばみや黒ずみ、隙間など、気になる色や形を短期間で改善できるのが審美歯科治療です。薬剤を使うことで歯を削らずに治療するホワイトニングをはじめ、素材もセラミックを中心とした素材を使うなど、治療方法は多様です。

治療方法について

患者さまが気になさっている点を中心に、お口の中の状況や生活スタイルなどをトータルで考え、治療方法をご提案します。納得いただいた上で治療を進めます。

 クリーニング

コーヒーや紅茶による黄ばみ、タバコのヤニの汚れを取り除きます。歯石がついている場合は、先にスケーリング(歯石除去)が必要になります。

 オフィスホワイトニング

歯の表面に薬剤を塗って歯の黄ばみをとるホワイトニング治療。それを歯科医院で行うのがオフィスホワイトニングです。週に1〜2回通院いただき、1回につき1時間程度、高濃度の薬剤を作用させます。

 ホームホワイトニング

患者さまが自宅で行うホワイトニングです。(歯の漂白) マウスピースと薬剤を購入いただき、毎日2時間程度、2週間ほど続けていただきます。通院時間がとれない方にお勧めです。

 デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、それぞれのメリットを生かして併用する治療方法です。

 セラミッククラウン

セラミックでできたかぶせもの(クラウン)を、虫歯などで削った歯にかぶせ、歯の形や色、歯並びをきれいにする治療方法です。

 ラミネートベニア

特に前歯において歯が黒っぽい、亀裂が入っている、あるいは少し隙間があいているといったお悩みに対して、歯の表面だけを削り、薄い人工歯(ラミネートベニア)を貼る治療方法です。比較的簡単に、形や色の修正ができます。

 セラミックインレー、ハイブリッドインレー

インレーとは溝をつめること。金属ではなく白い丈夫な材質で溝をつめるため、自然な印象になります。

 ガムピーリング

タバコ、ブラッシング圧、食品などの刺激により歯ぐきが黒ずむことがありますが、これはメラニン色素の沈着によるものです。専用の薬剤で比較的簡単にキレイにすることが可能です。

以前に他院で処置してもらった歯のかぶせもの。根元の金属が出てきたのでなんとかしたい。また、歯が黄ばんでいるのも気になっている、という患者さま。

カウンセリング

金属が露出している1本のほかに、どこが気になるのか、患者さまのお悩みをおうかがいし、保険診療、自費診療それぞれの治療でどこまでできるかをご説明します。また、歯の黄ばみはクリーニングで比較的簡単にきれいになることもお伝えします。

治療

自費診療でセラミックのかぶせを選びたいとの患者さまのご要望に合わせて治療。気になる黄ばみはクリーニングで除去。

仮歯

最終形に近い形の仮歯を装着。次のアポイントメントまで、数日間仮歯で生活してもらいます。その上で、患者さまの納得いく形・噛み合わせになるように調整を重ねます。そして最終形の仮歯を参考に歯科技工士がセラミッククラウンを作ります。

歯の色を決める

色は仮歯では確認できないため、どんな白さがよいのか、歯のモデルを見ながら、患者さまと歯科技工士が相談をしながら決めていきます。

装着

セラミッククラウンが入り、患者さまも口元が明るくなったとご満足でした。

メンテナンス

3か月〜6か月に1度の定期検診を受けていただきます。